立体駐車場には種類があります

立体駐車場は機械式駐車場と自走式駐車場の2種類に分けられます。機械式駐車場には大きく分けて「タワー型・多段式」の2種類があり、自走式には駐車場には「フラット式・スキップ式・連続傾床式」の3種類があります。立体駐車場を設置したいと考えた時には、どれくらいの敷地に何台収容したいかを考えてから選択していきます。機械式駐車場では、入庫や出庫は設置された操作盤を操作して行うものです。

タワー型にはさらに2種類のタイプがあり、エレベーター方式は車を乗せたパレットが、昇降装置によって上下左右に動くもので、垂直循環式はタワー内を観覧車のように動いているような駐車場です。タワー型は狭い土地でも、高く建てることで収容率が上がります。多段式は自宅などで駐車スペースが2台必要なときなどに使用される2段方式と、マンションの外部などに設置される3段以上のものがあります。自走式駐車場のフラット式は、平面駐車場を重ねたような駐車場で、スロープを別に設置することで各階に移動することが可能です。

フラット式はその階の中で移動がしやすいため、車による事故には注意が必要です。スキップ式は駐車する階を半分に分けて1階・中2階・2階・中3階となるような駐車場で、各階に行くスロープを短くすることができ、フラット式ほど広い敷地が無いときに有効です。連続傾床式は螺旋階段のような駐車場で、スロープが必要なく狭い敷地にも建てられる駐車場です。自走式では事故に気をつける必要があり、機械式はメンテナンスが必要など、立体駐車場を考える際にはメリット・デメリットも含めて設置する必要があります。

立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です