立体駐車場のメリット

駐車場を用意するときに立体駐車場にすると、狭い土地でたくさんの自動車を駐車できるようになります。立体駐車場にも種類があり、自動式と機械式があり、機械式には二段と多段式駐車場やタワー式駐車場が存在します。自走式の場合は駐車するスペースまで車を運転していき駐車をすることになりますが、機械式の場合は駐車装置を操作することで車を駐車していくことになります。二段や多段式の立体駐車場の場合は、地上にすべての車が見える状態になるタイプと地下のスペースが存在しているケースが存在します。

タワー式はホテルやショッピングセンターなどの大規模な駐車スペースが必要な場所に存在することが多く、大量の車を効率的に駐車させることが可能です。立体駐車場は狭い土地を有効活用できるメリットがありますが、一般的な駐車場よりも制限が多く存在する可能性があります。立体駐車場を安全に使用するには車体のサイズ制限をしっかりと守る必要があり、入り口などにしっかりと注意喚起がされている筈です。機械式で駐車をする場合は車両重量も守る必要がありますし、車幅や車高なども把握しておかないと大切な車に傷がついてしまうようなリスクはあります。

装置内に人がいる状態で動かしてしまうと事故が発生するリスクもありますから、実際に駐車をする前に正しい使用方法を把握しておかないといけません。しっかりとルールを守って使用すれば、便利な存在であることに違いはないです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です