身近な立体駐車場について

駅の周辺の限られたスペースでもより多くの自動車を駐車できる、立体駐車場は自動車の幅分場所を要する平面式の駐車場に対都会を中心によく目にする駐車場の一つです。主に2つ利用者が自ら駐車スペースまで自走する自走式の立地駐車場と利用者が自動車から降り、機械動力によって自動車を多層に駐車する機械式駐車場があり、設置されるスペースに合わせて駐車場設備を専門とする企業が設置を請負い、効率の良い土地を最大限に活用して設置されています。上下だけでなく横方向にも機械移動で駐車されるものです。自走式駐車場には連続傾床と呼ばれる比較的緩い勾配がある、その多くは螺旋に昇降スロープを自走するものやフラット式のように、見通しが良い安全面で優れたシンプルな駐車場の他、スキップと呼ばれる駐車場の階層を半階ずつずらす方式を用いたものがあり、目当ての空駐車スペースが見つけやすいという特徴を持ちます。

自走式立体駐車場は利用者が自動車の出し入れ時、待機時間が少ないことが一番のメリットと言われ、機械式立体駐車場は機械が昇降する間利用者は待機しなければならず、忙しい方にとってはデメリットかもしれません。タワー式立体駐車場等は主に大型商業施設や宿泊施設等、利用規模の大きい施設で利用されており、多くは駐車設備を操作とする作業員を配置させて稼働している点が特徴でしょう。注意しなければならない点はワンボックスカーや4X4、車高の低過ぎる高すぎる自動車は駐車できないこともあるので確認されるのがいいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です