立体駐車場の特徴を知ろう

土地の有効活用では、マンションやアパートの経営も人気があります。運用がうまくいくと長期に安定した家賃収入を得られるのが魅力ですが、建設には多くの費用も発生します。そして、建設したらそれで終わりではなく、定期的に修繕やリフォームをする必要もありますし、管理業務もかなり忙しいといわれています。それに、立地が悪いと入居者が集まりにくくなりますし、実際に経営するとなるとそれなりの広さも必要です。

狭い土地や変形した土地の場合は、かなり難しいといえます。狭い土地や変形した土地を有効に活用するのなら、駐車場経営も考えてみてはいかがでしょうか。マンションやアパートのように多くの資金も必要なく、より気軽に始めることができます。駐車場にも多くの種類がありますが、立体駐車場も人気があります。

立体駐車場は建築物や機械装置により立体化した駐車場で、狭いスぺースでも多くの自動車を収納できるというメリットがあります。平面駐車場に比べて防犯性に優れているのも特徴的です。雨風にさらなれないので、荷物の積み下ろしもしやすく、車へのダメージが抑えられるのも良いところです。立体駐車場にも自走式と呼ばれるものと機械式がありますので、どちらにするかも決めておきたいところです。

まず自走式は目的の階まで自走して駐車するタイプの駐車場です。これに対して機械式は駐車装置を利用することで入出庫を行うのが特徴です。自走式は車の出し入れが簡単で、機械操作による待ち時間もありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です