立体駐車場を経営することのメリット

近年では一つの収入では心配になる人が多く、いくつかの収入手段を得たいと考える人が多く見られます。その一つの方法として、初心者でも比較的始めやすいものが駐車場の経営と言えるでしょう。駐車場と聞くと平置きの平面駐車場を思い浮かべる人が多いですが、中にはマンションのように何段にも積み重なっている立体駐車場も存在しています。そもそも立体駐車場とは、不動産投資のひとつに当たり、その中でも比較的始めやすいと言われているものです。

平面と立体の二つのタイプがありますが、平面の場合には初期投資もランニングコストも比較的低めである特徴があります。それに対し立体駐車場とは2段以上の駐車スペースが必要になるものです。一般的に駐車場経営は土地の利用効率が低いと言われていますが、立体駐車場の場合には土地を縦方向にも活用することができるので、利回りが高い傾向にあります。規模が大きいものであれば、一台あたりの賃料を下げたとしても影響が出にくいため、稼働率を上げやすいのも一つの特徴です。

さらに二層式と機械式の二つのタイプに分けることが可能です。このうち自走式と呼ばれるものは、所定の場所まで利用者が自ら運転するタイプのものを指します。イメージとしては平面を何段にも重ねている構造をイメージすると良いでしょう。規模が大きければ収益を上げやすくなります。

もう一方の機械式と呼ばれるものは、昇降機とパレットを使い車を出し入れするタイプです。機械設備を用意する必要があり、初期費用やランニングコストは高めなものの、狭い土地でも利回りを上げやすいのが特徴です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です