機械式立体駐車場には耐用年数があります

立体駐車場の中でも機械式駐車場と呼ばれるものは、狭い土地でも駐車場のスペースを増やすことができるというメリットがあるでしょう。駐車場の需要があるけれども、広い土地がないなどの場合には、取り入れるのに適していると言えます。特に土地の狭い都心には向いているでしょう。機械式立体駐車場は機械を使い車を収納することになりますが、機会であるため、当然のことながら耐用年数があります。

耐用年数とは機械や設備などが使用に耐えられる年数のことを指していて、税法によって定められている法定耐用年数と呼ばれるものや、不動産の鑑定評価を行うときに使われる経済的残存耐用年数など、様々な呼び方があります。一般的な機械式駐車装置と呼ばれているものの場合には、立体駐車場の法定耐用年数は15年と定められています。もしも15年を過ぎるとこの立体駐車場はどうなってしまうのか心配になってしまう人も多いかもしれません。そもそもこの法定耐用年数と呼ばれるものは、税金を計算するために作られたものです。

そのため実際に使用できる耐用年数とは異なることがほとんどです。適切に維持や管理が行われていれば、それ以上に使える可能性がほとんどなのです。法定耐用年数は15年と定められているものの、通常であれば20から25年ほどは使うことができると言われています。しかしこれは機械式駐車場設備の一式の話であり、その他の昇降装置や安全装置などに関しては、15年よりも短いのが一般的です。

そのために10年以上使う場合には、それぞれの装置に応じた周期で交換を行うことが求められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です