立体駐車場にするメリットについて

平面で十分な広さが確保できる場合は普通の駐車場が作れますが、狭小地ではどうするのでしょうか。スペースがない、駐車場には不向きと諦める必要はありません。駐車場を立体化することで問題は解決します。狭小地では縦方向に立体化することで駐車場経営が可能になります。

すでに平面で駐車場を作っているケースでも、立体駐車場に変更し、空いたスペースを他の用途に活用することも出来ます。立体化は土地の活用法として魅力的であり、有効であるといえます。立体駐車場には3タイプあり、自走式・多段式・タワー式です。自走式は大型のショッピング施設などによくあるタイプです。

利用者が自分で運転して駐車場まで上がって停めます。お店を利用する人の利便性と安全性が考えられているのが特徴で、駐車台数の大幅増加にも役立っています。多段式は家庭用の2段式がよく知られていますが、1台分のスペースに2台が駐車できるものです。スペースがないことで車の所有を諦めずに済む場合にも好評です。

タワー式では夜間であっても車上荒らしの心配はありません。高いセキュリティがあり、高級車であっても停めていて安心です。他にも風雨などの自然環境から守られるので、車の保管状況の向上もメリットといえます。立体駐車場にすることで敷地を最大限に活用し、新しい価値をさらに生み出すことが可能です。

駐車場について考えている人は、立体駐車場の総合メーカーに相談してみましょう。土地の状況とニーズに合った提案をしてくれるので頼りになります。立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です