立体駐車場の種類とプラン選びのコツ

企業を経営しているオーナーは、従業員の通勤の利便性を考えるために様々な取り組みを行っています。特にマイカー通勤の社員が多い場合には、工場や本社ビルの敷地内に駐車場を整備する場合が多いです。しかし土地が狭いと平置きが難しいので、立体駐車場の建設を施工会社に発注するのが一般的です。土地面積や希望する収容台数に合ったプランを選ぶことが、機能性に優れた立体駐車場を建設する場合の基本です。

立体駐車場には様々な仕様がありますが、特に人気があるのは自走式のタイプです。自走式のタイプは工事期間も短いので、マイカーを購入した世帯が急増した分譲マンションにも適しています。また賃貸マンションで立体駐車場を建設すると、入居者の募集でも大きな効果が期待できます。一方で建設コストが割高であっても、大都市中心部の土地を活用したいときにはタワー式の立体駐車場を選ぶメリットの方が大きくなります。

様々なレイアウトのタワー式駐車場に対応した会社を活用すると、コンパクトな敷地もフル活用することができます。建設コストが割安なプランを選ぶケースが多いですが、最上階も屋根付きになっているハイグレードな施工内容も根強い人気です。特に屋根付きの施工プランは、雪の多い地域でも使いやすいのが魅力です。地域の実情に合わせて最適な商品を選ぶことが、機能的な駐車場を整備するためのポイントです。

複数の会社に見積もりをしてもらうと、より一層魅力的な建設プランを選べます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です