立体駐車場の特徴について

限られたスペースに多くの車を収容できるメリットが立体駐車場にはあります。しかしながら立体駐車場には車高制限があり、ミニバンなどの車高の高い車は入庫できないことは多いです。駐車する際には高さ制限を意識する必要があります。立体駐車場には自走式と機械式とがあります。

目的の階まで自走して駐車するのが自走式です。機械式は駐車装置をエレベーターのように操作します。自走式は数十台から百台くらい駐車可能なこともあります。数十台くらいの車を駐車できる場合が多いのが機械式です。

機械式駐車場は多段式とタワー式の分けることもできます。機械式の場合は車をパレットにのせて収納します。そのため自走式と比較して制限が細かく設定されています。立体駐車場に駐車する際には制限について知る必要があります。

機械式に駐車する際にはパレットからはみ出すことがないようにします。駐車時に特に注意が必要なのが機械式です。よく注意してトラブルがないようにするのが大切です。立体駐車場を活用する際には駐車場のサイズと自分の車のサイズの把握をする必要があります。

初めて機械式を活用する際にはある程度時間をかけて駐車装置の操作方法を知るのが大切です。自動車でどこか遠くに行く際に駐車場を活用することは多いです。その際に自走式を活用することは多いです。機械式は住んでいるマンションなどで活用する場合があります。

慣れない機械式を利用する際には特に注意する必要もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です