立体駐車場にも様々な種類がある

立体駐車場とは、駐車スペースが多層化・立体化された駐車場のことを指しますが、一口に立体駐車場と言ってもその種類は大きく「自走式」と「機械式」に分けられます。自走式は、ドライバー自らが運転して駐車するタイプの立体駐車場で、主にショッピングモールや大型のスーパーなどに導入されています。平面駐車場と比べて多くの車を駐車できるので多くの施設で採用されていますが、後述する機械式と比べて簡単に車を出し入れすることが可能です。そのため、運転が苦手なドライバーにも優しいタイプの駐車場と言えますが、それ以外にもメンテナンスを頻繁に行う必要がないのでランニングコストが抑えられます。

加えて、原則として外壁が設けられていないので津波などの水害に強いというメリットもあります。一方の機械式は、駐車装置に車を乗せて入出庫するタイプの立体駐車場です。大きく「二段式・多段式」と「タワー式」の2種類に分けられますが、いずれも主に土地が限られる都市部のマンションやホテルなどで採用されています。定期的なメンテナンスが必要なのでランニングコストは自走式と比べて高くなる傾向があり、駐車装置を操作しないと車の出し入れができないため入出庫に時間がかかります。

しかし、専用の装置内に駐車する機械式は、平面駐車場や自走式立体駐車場と比べるとセキュリティ性が高く、盗難やいたずらのリスクが低いというメリットがあります。また、複雑な場所にも設置しやすいというメリットもあるので、限られた土地を最大限生かすことが可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です