立体駐車場の種類と特徴

立体駐車場と呼ばれているものには、機械式駐車場と自走式駐車場の2種類があります。さらに機械式駐車場は「タワー型」と「多段式」の2種類があり、自走式には駐車場には「フラット式」「スキップ式」「連続傾床式」の3種類があります。それぞれに特徴があり立体駐車場の設置には、敷地の規模やどのくらいの収容台数が必要なのかを考慮しなければなりません。敷地に余裕が無い場合には機械式駐車場が多く用いられ、高く建てる事で収容台数を確保することができます。

入庫や出庫は設置された操作盤を操作して行うものです。「タワー型」には「垂直循環式・エレベーター式」があり、垂直循環式は観覧車のようにタワー内で動いている駐車場で、エレベーター式は車を乗せたパレットが、昇降装置によって上下左右に動いています。「多段式」は自宅などで1台しか駐車スペースがない場合に、2台確保したいときに用います。マンションでも駐車場を確保する時に、外部に3段式以上の多段式が使用されることがあります。

自走式駐車場は敷地が広い場合に用いられることが多く、特に「フラット式」は、スロープを別に設置する必要があるため大きな敷地が必要です。郊外の大型スーパーや複合型施設で多く見られ、平面駐車場を重ねたような駐車場で、各階への移動やその階での移動がしやすいのが特徴です。「スキップ式」は、フラット式ほど広い敷地が無い場合に用いられ、各階を半分に分けて中2階・中3階などを設けることで、各階に行くスロープを短くすることができます。「連続傾床式」では、スロープが必要なく螺旋階段のような駐車場です。

車路がスロープ代わりになっているため、さらに狭い敷地でも建てられます。自走式駐車場では場内での事故に注意が必要になり、機械式は定期的なメンテナンスが必要になるなど、立体駐車場を設置する際には、メリット・デメリットも含めて検討する必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です