敷地をフル活用できる自走式立体駐車場

すでに既存のビルやマンションが林立する都市部では、まとまった面積のある土地を確保するだけでもたいへんな労力を必要とします。そのような土地に新たなビルやマンションを建てる場合には、施設そのものの敷地の確保に加えて、所要の駐車台数を収容することのできる駐車場にも注意を払わなければなりません。都市部では自治体の条例によって附置義務が定められている施設もめずらしくはなく、施設そのものの成否は駐車場を有効に設置できるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。そのようななかで狭い敷地をより効率的に利用するための手段として編み出されたのが、自走式立体駐車場といわれる種類の駐車場です。

自走式立体駐車場は何層かになった立体的な構造ではありますが、駐車スペースまでの自動車の移動は、ドライバーが自動車に乗ったまま行うことができるように、各階をスロープなどでつないでいます。自走式立体駐車場の構造上、タワー型の機械式駐車場などとは違って大掛かりな機械装置は必要ありませんし、機械を操作するオペレーターも不要なため、管理運営は機械式よりもかなり楽ですし、建築にあたっても費用を少なくすることができるメリットがあります。また平面駐車場であれば敷地の面積そのものの分しか駐車台数を確保することができませんが、自走式立体駐車場の場合には何層かを重ねることで敷地面積の数倍の駐車台数を確保することができ、都市部での駐車場とするのにはぴったりです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です