自分の車を廃車から守れ!日常点検を忘れるな!

自分は自動車の整備士の資格を持っているものです。最近は自動車の性能が上がり日常点検すらあまり行わない人が増えてきていると感じます。しかしながら日常点検を行うことは車を所有している人の義務であり、定期的に行わなければいけないことです。実際に日常点検を行わなかったことで自分の車が故障したり、廃車にせざる負えなくなった事例も存在します。

実際に車検のときにエンジンオイルを交換してもらえばいいだろうと思ってエンジンオイルの交換、定期チェックを怠ったせいでエンジンオイルの量が少なくなっており、エンジンが焼きつき(エンジンオイル量が少なくなりエンジン内のピストンが固着してタイヤがロックする現象)が発生し事故が起こって廃車になった例やブレーキランプが両方とも切れていて夜間に追突されて廃車になった例やこのほかにもさまざまな例が存在します。これらの事故、故障は自分で防げるものが多いのです。少しオイルの量や冷却水の量、ブレーキ、ヘッドライトの切れの有無、ブレーキの踏みしろはどうか等の簡単なチェックで防げる故障や事故もあるのです。又エンジンオイルの交換はエンジンの性能にもかかわってきますし、オイルは劣化してきて性能が落ちてきます。

オイルの性能が落ちてくると燃費も落ちてきますのでもし最近燃費が悪いなと思った方でオイルの交換を怠ってきた人は交換すると燃費があがるかもしれないですし、車を大事に乗っていきたいなと思う人は頻繁なオイル交換をお勧めします。(燃費があがるかは運転しだいなので確実にあがるというわけでもありません)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です