廃車の下取りについて覚えておきたい注意点

自動車はいつまでも新品の状態である訳では無いです。機械ですからどれだけ愛着があっても、乗っていても居なくても時間の経過によって段々と劣化していきます。その結果、登録されてからずいぶん時間が経過をしたり、あるいは、走行距離が十万キロ以上にもなってしまったならばその自動車は基本的に、価値が無いという評価にされてしまうのです。つまり廃車という訳です。

このように廃車は一般的に価値が無い自動車の評価としてつけられます。だから買取専門店でそのような事を言われたならばもうそのまま捨てるしか無いと考える方も居るかもしれません。あるいは下取りに出すという方法もあるでしょう。しかし自動車としての価値が無かったとしても、実はお金を得られる可能性があるのです。

それが税金関連の還付金なのです。廃車手続きの場合ですが、一時抹消登録か、それとも永久抹消登録かでも変わってくるのですが、種類によっては還付金が生まれますので下取りを依頼する時にはチェックしておいた方が良いでしょう。ただあまり誠実では無いディーラーの場合ですと、そのままにされてしまう可能性もあります。だからこそきちんとチェックをしておかなければなりません。

ちなみに下取りに出す時の還付金についてはこのような物があります。自動車税の還付、自動車重量税の還付、自賠責保険の返戻等が挙げられるでしょう。担当者の方も還付金の事を言われたら無視は出来ません。きちんと対応をしてくれます。

少しでも得をしたいのでしたら、この還付金の事は覚えておいた方が良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です